MRC - Mental Health Research & Consulting

メンタルヘルス対策のできない産業医

TEL:03-3593-1112

従来型EAP(従業員支援プログラム)ではなく、CAP(企業支援プログラム)として職場のメンタルヘルスに精通した精神科医が中心となり会社全体(従業員・人事労務担当者・産業保健スタッフ・経営陣)をサポートします。

採用情報メディカルケア虎ノ門

導入事例・対応事例

  • 既にEAP契約を結んでいるが、いま一つすっきりしない(このサービスで合っているのか?)。
  • 現在の契約内容で休職者が本当に復職できるのかわからない。

EAP契約診断サービス
EAP契約内容を見直し、会社との適合性を診断、再構築のお手伝いをします。

ケース2

  • 産業医はいるが、メンタルヘルスには対応できていない

イメージ

月に1回職場には来社するがメンタルな問題は専門外で相談に乗ってもらえないなど、ますます増加傾向にあるメンタルヘルスの問題に適切に対処できない産業医も少なくありません。

但し長年付き合いのある産業医であれば変更することが困難な場合もあるでしょう。

そこで・・・

導入コンサルテーション

  • 産業医はそのままに、メンタルヘルス問題対策として精神科顧問医契約をし、産業医をフォロー
  • 人事労務担当者サポートにより休職中の社員へのケアや復職判定ガイドライン、就業規則の見直しなど、企業が 見落としがちなリスクとなり得る点をサポート
  • 人事労務担当者対象の企業の安全配慮義務と法的対策研修などの各種教育プログラム

など

現在ご契約中のEAP契約(サービス内容と費用)の再検討に対するお手伝いもいたしております。

また現在のEAPサービスとの組み合わせも可能です。(ご相談内容により組み合わせ不可能な場合もございます。)

詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

  • 次へ(別のケース)
  • 問い合わせる
Copyright © Mental Health Research & Consulting, Inc.